他にもある冷房装置~冷風機~

他にもある冷房装置~冷風機~

冷風扇と似た名前ですが、全く違う構造の冷風機というものがあります。冷風扇が水の気化熱で冷やす装置なのに対し、冷風機は家庭用のクーラーと同じ原理で冷たい空気を作り出す構造となっています。ですから、冷風扇のように湿度が高くなったり、冷房効果があまり期待できないということもありません。最近では大型のものがショッピングモールの入口などに置かれていることも多く、目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。

扇風機女子が来てるかもよ

冷風機について

冷風機(れいふうき)は、家庭用クーラーと同様の原理で、吸い込んだ空気を本体内部で冷やし。走法する局所冷房装置の一つです。室内外の熱交換器を一体とした小型クーラーと考えることも出来ます。冷却された空気と排熱を含んだ空気を混合して送風する「除湿乾燥機」として販売されるものが多いですが、冷風機はこれらの送風を別としたものとなっています。スポットクーラーやスポットエアコンとも呼ばれていて、フレキシブルなダクトを備えた大型のものは、工場や飲食店厨房において作業員や調理人の周辺のみを冷房するためなどに良く用いられています。

冷風機の特徴

冷風機は、コンプレッサーと熱交換器を備え、室内の空気を吸い込み、冷風と熱風を同時に吐出する機械です。原理的には、冷風扇よりも室外機を持つ一般的な窓用エアコンやルームエアコンに近いものです。キャスターや取っ手がついている機種が多く、移動や設置が安易であるというメリットもあります。大電力を消費するコンプレッサーを備え、背面から熱風を吐き出すため、閉め切った屋内で用いると全体的な室温が上がるという欠点があります。冷えるのは基本的に冷風吹き出し口正面の狭い範囲だけとなっています。廃棄を室外に捨てるための専用のダクトや、それを窓枠に取り付ける隔壁などがオプションとして用意されているものもあります。しかし、吸気ダクトを備える製品は家庭用ではほとんどありません。このため廃棄ダクトのみを使用しても、稼働に伴って必ず部屋のベルの場所から外気がはいりこむので、部屋全体の冷房はやはりできません。これが窓用エアコンとの相違であり、冷風機の本質的な欠点とも言えます。部屋全体の冷却を当初からあきらめている場所、あるいは屋外ではこの欠点は無視できます。また大きな熱源があるなどの理由で、エアコンを使って部屋全体を冷やそうとすると非常に多くの電力を消費してしまう場所などに有効です。工場や厨房で多く使われるというのはこのような理由からです。さらに冷風機は期待の大きさに制限があるため、一般的なルームエアコンに比較して冷房能力そのものが小さいです。また、昨今中価格帯以上の家庭用エアコンで普及しつつある、インバーター方式でのモーター制御も、冷風機ではあまり採用されていません。このため冷却効率で劣り、振動や騒音も無視できません。このほか、冷却器から発生する水が本体に備え付けられたタンクに溜まっていくため、これを室内で処理しなけらばならない点も注意が必要です。タンクが満水になると自動的に停止します。高級機では気化式ノンドレンと称して、ドレン水を蒸発させ、排気とともに放出する機能を備えるものも存在します。ただしこのような機種は吸気ダクトが無い限り、冷風作動時はダクト排気にともなって常に外気を取り込んでいるので、部屋全体の除湿は出来ません。なお、暑い排気を布団乾燥などに積極的に用いることが出来るようなオプションが用意されている機種や、セラミックヒーターを内蔵して冬場に暖房器具として利用できる機種も存在しています。原理としてはコンプレッサー式の除湿乾燥機と同じであるため、ドレン式で部屋を閉め切った場合に限り、部屋全体の除湿が可能になります。

エアコンとの違い

設置工事が必要なエアコンなどと違い、最初から一体となっているため、いわゆるガス抜けなどのようなことは怒りにくく、それによる能力低下も起こりにくいです。エアコンと比較して消費電力をスカにように見えますが、前述した外気取入れの問題と能力不足のため、それだけ稼働しても全体の室温は下がらず、常に高出力で運転しつづけなければいけません。そのため温度設定と言ったものはなく。消費電力は常にほぼ一定です。一方エアコンは部屋の温度が下がると消費電力が大幅に低下するため、遣うシーンによっては総合的な消費電力がエアコンよりも多くなる場合があります。エアコンと同様に冷風取り入れ口にはフィルターが存在し、定期的に掃除する必要があります。また室外機が一体のため、熱風取り入れ口も存在しますが、こちらは家庭用ではフィルターが無い場合が多く、機種にとってはわかりにく場所にあります。こちらも定期的に正装しないと、放熱器にホコリが溜まってしまうので、性能低下を引き起こす原因となります。

冷風機が真価を発揮する場所

  • 厨房や初期品工場などの熱気が強烈な場所・・・一般の空調で部屋全体を冷やそうとすると膨大な能力を要するため、料理人や作業員などの周りだけを冷却するのに使用される。
  • 一人暮らしの住居・・・部屋全体の冷却が不要で、自分一人が涼めれば十分な場合、たとえばアイロンかけや料理の最中、風呂上がりなどに有効。
  • ガレージなどでの作業時・・・自分一人が涼めれば十分なので効果的。
  • 屋外での作業・販売に従事する際・・・外気温を下げることは出来ないが、作業員の周りの空気を冷却することが出来る。
  • 駐車場などの管理人室や警備員詰所など・・・狭い空間には効果的。

冷風扇との違い

冷風扇と冷風機は全く構造の異なるものなのですが、名前が似ていることから間違える人も多いようです。冷風機と冷風扇を見分けるためには以下のことに注目してみてください。

  • 操作パネル・・・冷風機は操作パネルに「除湿」という文字がある。(単機能の除湿機の可能性もあるので注意。)
  • タンク・・・冷風機の水タンクは水の投入口がなく、水を捨てるためにタンク自体が用意に取り外せるようになっている。
  • 価格・・・新品の場合、冷風扇は数千円~1万円前後、冷風機は最低でも2万円前後と価格帯が異なっている。
  • 消費電力・・・冷風扇は数十W程度なのに対し、冷風機はコンプレッサーがあるため約200~700Wと消費電力が桁違いに大きい。
  • 音・・・冷風機は動作させると冷蔵庫のようなコンプレッサー音がする。
  • 能力・・・冷戦期はエアコンと同じく「冷房能力」か「除湿能力」の表記がある。
  • 通気口・・・冷風機はその構造上最低でも3つ(吸入口が冷風・熱風共通の場合)の通気口が存在する。
エアコン使わない派のあなたへ
マンションやアパートは多くの人々が共に生活する共同集合住宅です。名張の不動産有限会社ヤマトホーム世代の違いや生活習慣の違いなど、ここには様々なくらしがあります。
シルバー925のプレートに画像を加工して焼き付けるから、写真を直接はめ込むよりも断然長持ち!ロケットペンダント・ネックレスプレゼント専門店|ボンドジュエリーにロケットペンダントのことならおまかせください。