賢い扇風機の使い方

賢い扇風機の使い方

扇風機がエアコンに比べて非常にエコであるということはみなさんも既にご存知かと思います。電気代はエアコンの1/10とも言いますから、そのお得具合は一目瞭然です。そしてもう一つ、扇風機には良い所があります。それは、好きな場所に移動できることです。エアコンは取り付けたらその場所からは動かせませんが、扇風機はコンセントさえ届けばどの部屋のどんな場所でも使うことができます。扇風機を賢く使うには、その置き場所が重要になってくるのです。

扇風機女子が来てるかもよ
リフォーム 中古物件すれば劇的に印象が変わると信じていますか? 新築とは違った安心感、そして確かな生まれ変わりで中古などと言わせないブランド力が美濃前不動産にあります。

効率よく使おう

部屋のムシムシを追い出そう

外よりも家の中が暑いと感じることはありませんか?例えば仕事を終えて帰ってきて、家のドアを開けたとき。むわっとする熱気が部屋から出てきて辟易することも多いと思います。こんな時、扇風機を使うと室内の温度を下げることが出来ます。扇風機は羽根の後の空気を吸い込んで前方に送り出すという構造になっています。ですから、窓を開けて外に向かって扇風機を回すと、室内のムシムシした空気を外へ追い出してくれるのです。この時、別の窓がある場合はそちらも空けておいて、空気の通り道を作ってあげるとさらに効率が上がります。外に向かって風を送るなんて一見無駄な行為に見えますが、驚くほど効果があるので試してみてください。

空気の流れを作ろう

扇風機を置くとき、なんとなく窓際や壁際に置いてしまっていませんか?端っこに置いた方が部屋全体に風が行き渡る気がしますが、扇風機はそんなに風力が強くないので、部屋の大きさにもよりますが、部屋全体に風を行き渡らせることは中々難しいです。とはいえ、自分だけ涼しければいいやと扇風機を独り占めすると家族から顰蹙を買ったりしますよね。では一番効率よく体感温度を下げるにはどうすればいいのか。それは、部屋に風の流れを作ることです。部屋の対角線上を風が流れるようにするのがお勧めです。対角線上に窓を開けることで風通しが良くなるので、その窓と窓の延長線上に扇風機を置き風が流れるのを補助しましょう。そうすると部屋全体の体感温度が2~3度下がり、快適に過ごすことが出来ます。部屋に窓が一つしかないという場合には、廊下に繋がるドアを開放するだけでも全く違います。部屋の淀んだ空気がすっきりすると気持ちもスッキリしますよね。

エアコンと併用しよう

扇風機はもちろんそれだけでも涼しさを与えてくれる便利なグッズなのですが、エアコンと併用することでより効率よくお部屋の温度を下げることが出来ます。エアコンだけ使用する場合、部屋全体を冷やそうとすると、空気の特性でどうしても足元ばかりが冷えてしまい、頭の周辺の温度が中々下がらないので設定温度もどんどん低くなっていきます。しかし、扇風機を併用すれば部屋の空気が循環するので万遍なく部屋の温度を下げることができ、設定温度が26度位でも快適に過ごせるようになるのです。扇風機と併用することで部屋の温度を冷たいままに保ちやすくもなるため、電気代の節約にもつながります。扇風機とエアコンの併用は環境にもお財布にも優しいので試してみてください。

扇風機の色々

つけっぱなしで寝ると死ぬ?

子どものころよく、扇風機をつけっぱなしで寝ると死ぬという話を親から聴かされませんでしたか?扇風機が体の体温をどんどん奪って最終的には心臓発作を起こすというような話を聞いたことがあるのですが、実際は現在の日本で、扇風機が命に関わるほど体温を奪うということはないようです。これは日本の夏の湿気の多さに関係しています。人間の体は汗をかいてそれを蒸発させることで皮膚の温度を下げます。日本の夏は湿度が高いので、扇風機で身体を冷やし続けても室温から数度低い温度までしか下がらないため、命に関わることはないのだそうです。ですが、一晩中直風を当てていると血流が悪くなり、冷え性になったりお腹の調子が悪くなったり風邪をひいたりと、身体に不調を来す恐れがあります。また、飲酒後に扇風機を当てたまま眠ってしまったりすると、脱水症状を起こしやすく危険なので注意しましょう。また、赤ちゃんや乳幼児は、体温調節の機能がまだ発達していないことが多いため、扇風機の直風を当て続けるのは避けた方がいいでしょう。寝る時の扇風機の使用には直風は避け、首振り状態にしてお腹に一枚タオルケットなどをかけて寝ることをお勧めします。また、タイマー機能が付いているものはオフタイマーなどを使うなどし、一晩中つけっぱなしにならないよう工夫しましょう。

火災事故に注意!

扇風機はエアコンに比べて長持ちするという印象がありますが、古い扇風機は経年劣化により火災を引き起こす可能性があるため、製品評価技術基盤機構などの団体が注意を呼び掛けています。特に安全対策が施されていない「くま取り型モーター」を採用した扇風機に対し、課題を感じている専門家もいます。このタイプの扇風機は、構造的には強いのですが、コンデンサーや配線に損傷が発生すると短絡出火に繋がることがあるのだそうです。扇風機に採用されているモーターの種類には、他に「誘導モーター」と「整流子モーター」があります。また、火災原因の一つへの対応としては、「ホコリ防止加工」が施されている商品もあります。

扇風機のお手入れ

一夏頑張って働いてもらった扇風機はきちんとお手入れをして次のシーズンまで締まっておきましょう。出しっぱなしにしていると埃が溜まってしまい、火災事故が起きる可能性があります。扇風機は羽根部分とガード部分が分解できるものがほとんどですので、掃除しやすいように外れるところを全て外してしまいましょう。この際、コンセントを必ず抜いて作業してください。部品を外したら、内部に溜まった埃を掃除機で吸い取ります。ガードやプロペラなどプラスチック製のものは水洗いしましょう。台所用の中性洗剤とスポンジで洗うととても綺麗になります。ガードの網目や細かい所は古い歯ブラシを使って軽くこするといいです。洗った後は水気をよく拭き取り、しっかり乾燥させます。モーター部分は乾拭き、その他の部分は中性洗剤に浸した雑巾を硬く絞って拭き、その後水拭きしさらに乾拭きしましょう。水分が残っているとカビが発生したり、サビが出たりするので入念に乾かしてください。全ての部品が乾いたら組み立てて、きちんと動くか確認します。問題ないようでしたら、首の部分を一番下まで下げておきます。こうすることでスライド部分にホコリやゴミが溜まりにくくなります。大き目のゴミ袋などをかぶせ、段ボールに入れて湿気の少ない所にしまいましょう。100均などで扇風機専用のカバーが売っているのでそれを使うと便利です。暑くなったらすぐ使えるように、シーズン終わりの秋には掃除をしておくことをお勧めします。

エアコン使わない派のあなたへ